妊娠・出産・育児の体験記 ママデータ HOME > 初めての出産 29歳 はなオンマさん > 立会い出産は必要か?

立会い出産は必要か?

このエントリーをはてなブックマークに追加

私たち夫婦は結婚後、旦那の仕事の関係で中国に住んでいるので、出産時に旦那が駆けつけるということができませんでした。子供が生まれたら子供と触れ合う時間を多く持ってもらいたかったので、仕事を休む日にちにも限りがあるため、退院してから会いに来るということにしていました。

立会い出産については、病院側の出産前のアンケートでも立会い出産するかどうかを聞かれました。

私にとって出産時に立ち会ってくれることができるのは旦那ではなく実母でした。ですが、正直、初めての出産で隣に誰かがいないと出産できないのかどうか、ということが分かりませんでした。 逆にもしかしたら、旦那であれ、実母であれ、出産時に苦しんでいる姿を見られるのは恥ずかしいのでは?という気持ちさえありました。

先にも述べましたが、私のお産は分娩時間47時間52分という長く苦しいものでした。最初はそんなに長くかかるとは夢にも思っていなかったので、一人で大丈夫だから、と母には生まれたら来てくれればいいから、と言って帰ってもらいました。

しかし、陣痛がどんどん強くなってくると、どこまで痛くなるのか検討もつかないし、痛くて苦しくて、一人で陣痛に耐えるのはとてつもなく心細く感じました。3日目には産まれるまで母親が付き添ってくれて、陣痛の波が来たときには腰をさすってくれたり、陣痛の波がおさまっているときには話をしたり、私の代わりに助産師さんを呼んでくれたりと本当に心強く感じました。

苦しんでいる姿を見られることを恥ずかしいのでは?と思っていましたが、恥ずかしい思いよりもいてくれて心強い、ありがとうという想いの方が強かったです。

もちろん、生まれたときに一緒に喜び、感動を分かち合うことができたこともとてもいい思い出になりました。ただ、吸引プラス男の先生に全体重をかけてお腹を押されての出産は、横で見ていた母にとってはすごく怖かったようで、出産の瞬間は直視できなかったようです(笑)。

はなオンマさん

年齢:30代/中国北京在住/中国在住9年目、夫は韓国人で2人の子供の育児中。もはや自分が何人か分からなくなってきている今日この頃。楽しくなれる記事を書いていきたいです。
第一子 女の子 出産時の年齢25歳
第二子 男の子 出産時の年齢30歳
はなオンマさんの記事一覧