妊娠・出産・育児の体験記 ママデータ HOME > 二人目の出産 31歳 はなオンマさん > 出産の瞬間 第一子出産時とは違う痛み

出産の瞬間 第一子出産時とは違う痛み

このエントリーをはてなブックマークに追加

「いきみたかったらいきんでもいいよ」と言われてから、「え?もういきんじゃってもいいの」とびっくりしたのですが、いきんでもいいというのだからいきんでみるか、と思い、私は陣痛の波に合わせてお腹に力を入れ始めました。

ただ、第一子の時にはいきむまでが長くて、いきみ始めてからはけっこう早かったので今回もいきんだらすぐ出てくるのかと思えば、いきみ始めてからが結構長く感じました。

いきむイメージを上手くできていなかったこともあって、タイミングよくうまくいきめずにすごく体力が消耗されていく感じでした。

助産師さんがいきみやすい体制でいきめばいいよ、と教えてくれて、横向きでもいいとのことだったので、仰向けが疲れると横向きになったりしながらいきみました。

上の子の出産と違った点は、第二子の出産時には腰の骨や恥骨が割れるような痛みはありませんでしたが、子供が下がってくるに従って、子宮口の皮が破れるような痛みがとても強かったです。上の子の出産時には先生が子宮口を事前に切ってくれたのですが、今回はそれがありませんでした。

いきみ始めてから1時間が経過し、ものすごく眠気を感じたのを覚えています。眠すぎてたぶん陣痛の合間に寝ていたんじゃないかと思っています。

2回目に横向きになって3回くらいいきんだ頃、急に頭が出てきました。

すると助産師さんが3人くらい集まってきて、「上に向いて!」というので、私もあわてて上向きになりました。そして「手を胸の所で組んで、ハッハッハッハってして」と言われ、その通りにしました。

実は、この時が一番痛かったです。状態としては、(たぶん)赤ちゃんの頭だけが出ている状態で、子宮口を「それ以上開くわけないじゃん!!」というほど開かれている感じで、「や、破れる〜〜〜!!!」と思っていました(笑)。

そして、「最後にもう一回いきんで」と言われ、最後にいきむとついに、つるん、という感じで生まれました。生まれた瞬間の一言目は「よかった〜!」で、涙があふれてとまりませんでした。

はなオンマさん

年齢:30代/中国北京在住/中国在住9年目、夫は韓国人で2人の子供の育児中。もはや自分が何人か分からなくなってきている今日この頃。楽しくなれる記事を書いていきたいです。
第一子 女の子 出産時の年齢25歳
第二子 男の子 出産時の年齢30歳
はなオンマさんの記事一覧