妊娠・出産・育児の体験記 ママデータ HOME > 初めての育児 女の子 はなオンマさん > 自分らしい子育てを

自分らしい子育てを

このエントリーをはてなブックマークに追加

私には2人の子供がいます。今、上の子の子育てを振り返ってみると反省点が山盛りあります。

特に、上の子の子育ての時には初めてのことだらけで余裕が全くなく、不安もいっぱいで常に100点満点の子育てを目指そうとしすぎていたな、と思います。

例えば、赤ちゃんは適度に外に出て、外の光を感じたり外の空気を吸ったりということが大切だと聞けば、疲れていて家でゆっくりしたくても1日1回は必ず外に散歩に出かけていました。子供が歩くようになると、午後のお昼寝をしっかりしてもらうために午前中は必ず外遊びをしなければいけない、と思っていたので、ほぼ毎日午前中には公園に遊ばせに出かけていました。

お友達の家の子が20時には寝ると聞けばその方がいいのでは?と思い、夜は20時くらいには寝かせようとして、結局眠たくないのに寝かせようとするので子供はなかなか寝ずに寝かしつけるのに1時間以上かかったりして、逆にストレスがたまったりしたこともありました。

他にも、お風呂は毎日入らないといけない、親のおはしで食べさせると虫歯がうつるのであげてはいけない、夜寝る前には読み聞かせをしなければいけない・・・など、自分が勝手に作ったルールにがんじがらめになって、結果、ストレスがたまってイライラしてしまうことが多かったと思います。

今、下の子の子育てと比較してみて思うことは、子供にとっては例えママがダラダラしてしまっていても、ママがリラックスして幸せを感じているほうがいいということです。子供のためと思って毎日外遊びに出かけては疲れてしまい、そして自分の作ったルールにがんじがらめになってしまいストレスがたまってしまった状態の私は子供に対して余裕がなく、その結果、子供との時間を充分に楽しめていなかったなと反省しています。

100人いれば100通りの子育てがあると思います。子育ての絶対的な正解などありません。ダラダラしてしまった100点満点でない子育ても、ママの愛情は子供には伝わると思うし、ママの幸せを子供は敏感に感じ取って、ママが幸せなら子供は幸せを感じているので、手抜きでも子育てを楽しんで欲しいなあと思います。

はなオンマさん

年齢:30代/中国北京在住/中国在住9年目、夫は韓国人で2人の子供の育児中。もはや自分が何人か分からなくなってきている今日この頃。楽しくなれる記事を書いていきたいです。
第一子 女の子 出産時の年齢25歳
第二子 男の子 出産時の年齢30歳
はなオンマさんの記事一覧