妊娠・出産・育児の体験記 ママデータ HOME > 初めての妊娠 28歳 はなオンマさん > 妊娠後期 大変だったこと

妊娠後期 大変だったこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

安定期を終えて妊娠8ヶ月を越えると妊娠後期に突入します。この頃になってくると、お腹がどんどん大きくなっていきます。安定期にはさくさく動けていたのに、だんだんとお腹が重たくて動きが鈍くなってきます。私の場合、2週間でお腹の子供の推定体重が600グラムも増えていたこともあります。

お腹が大きくなってくることで色んな場面で不便を感じます。今まではかわいく感じていた胎動もだんだんと激しくなってきて、アバラを蹴られてめちゃくちゃ痛かったり、子供が動くとお腹の形が変形したりとリアルな感じになってきます。

足の爪も切れないのでいつも夫や母に切ってもらっていました。

寝るときは上向きでは苦しくて常に横向きですし、膀胱をけられるとトイレがとても近くなり、夜中にトイレで目が覚めて睡眠がゆっくりとれなくなるのはつらかったです。

最も恐怖だったのは、寝ている間に足がつることでした。お腹が大きくなってくると寝ている間に足がつることがあります。私の場合は、寝ていると突然ふくらはぎがつってしまうことが何度かありました。足がつると横に寝ている夫をたたき起こすのですが、私の夫は韓国人なので、「ふくらはぎがつった〜!!!!」と絶叫している私を見て、焦って直してくれようとしたのですが、「ふくらはぎ」の意味が分からず一生懸命違う場所をさすってくれ、「違う!そこじゃない〜!!!」とかなり大騒ぎになったことを覚えています(笑)。

それから、困ったのは便秘です。妊娠中は便秘で困る妊婦さんは多いそうです。私も普段は便秘体質ではないのですが、妊娠してからひどく便秘になり困りました。お腹の子が気になってお腹に力を入れられないんですよね。韓国では妊婦が便秘の時にはプルーンジュースを飲むといいと言われていて、私も勧められて飲んだら少しよくなりました。

あとは、これは出産後も続きましたが、妊娠してからとても涙もろくなってしまいました。特に親子の話なんかをテレビでやっていたりすると(動物や虫の話でも)すぐ泣いてしまいます。横で夫は私のあまりの涙もろさにいつも苦笑いしてました。

はなオンマさん

年齢:30代/中国北京在住/中国在住9年目、夫は韓国人で2人の子供の育児中。もはや自分が何人か分からなくなってきている今日この頃。楽しくなれる記事を書いていきたいです。
第一子 女の子 出産時の年齢25歳
第二子 男の子 出産時の年齢30歳
はなオンマさんの記事一覧