妊娠・出産・育児の体験記 ママデータ HOME > 二人目の妊娠 30歳 はなオンマさん > 第二子の妊娠中に一番心配だったこと

第二子の妊娠中に一番心配だったこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

一人目を妊娠中に不安だったことは、「つわりはいつまで続くのか?」とか、「流産したらどうしよう」とか、「一人のときにお産が始まったらどうしよう」とか妊娠や出産における自分と赤ちゃんの心配が全てでした。

もちろん、「元気な赤ちゃんを産んであげられるかな」とか、「一人目の時よりも難産だったらどうしよう」というようなことに対して多少は不安を持ってはいましたが、二人目の妊娠では「お産の時に上の子がママなしで大丈夫か?」ということが一番心配でした。

下の子は上の子が2歳4ヶ月の時に生まれました。2歳4ヶ月というとまだオムツも取れず、ご飯も一人では上手に食べられませんし、何よりも旦那の実家も私の実家も離れているため、親以外に面倒を見てもらった経験がほとんどなく、下の子が産まれるまでママかパパ以外とは寝たことがありませんでした。

私たち一家は旦那の仕事の関係で中国に住んでいるのですが、出産は私の日本の実家で里帰り出産をしました。自然分娩での出産を予定していたので、いつ出産になるかは分かりませんから、旦那は私が産気づいたからと日本に飛んでくるということは無理なことでしたので、入院中に旦那に娘を見てもらうことが出来ない状況でした。

自然分娩での出産は短くても出産後5日間の入院になります。どんなに不安になってもしょうがないのですが、その5日間を娘に我慢させなければならないことがかわいそうでなりませんでした(今考えると大げさですが…)。泣かずにおじいちゃん、おばあちゃんと一緒に寝れるか、夜中起きて泣かないか、楽しく過ごせるか、体調を崩さないかなどなど、考えれば考えるほど不安になったのを覚えています。

それから出産の時も、必然的に旦那の立会い出産は無理なので、上の子の時は実母に立ち会ってもらいましたが、2人目の時には実母には上の子と一緒にいてもらわなければならないので、私は全くの一人で産む覚悟をしていました。

結果的には「親がいなければいないで子供はどうにでも過ごせる」という感じで、実両親の協力のもと、娘は私のいない5日間を寂しがりながらも楽しく過ごせたようでした。親が思っているよりも子供はたくましいんだなあということを学んだ一件になりました。

はなオンマさん

年齢:30代/中国北京在住/中国在住9年目、夫は韓国人で2人の子供の育児中。もはや自分が何人か分からなくなってきている今日この頃。楽しくなれる記事を書いていきたいです。
第一子 女の子 出産時の年齢25歳
第二子 男の子 出産時の年齢30歳
はなオンマさんの記事一覧