妊娠・出産・育児の体験記 ママデータ HOME > 二人目の妊娠 30歳 はなオンマさん > 旦那がほったらかしに

旦那がほったらかしに

このエントリーをはてなブックマークに追加

「二人目の妊娠で寂しい思いをしているのは上の子だ!」と上の子へのケアに最大の関心を向けるママは多いことでしょう。

私も例にもれず、下の子を妊娠してからというもの、「上の子が寂しい思いをしないように」、「上の子がストレスを抱えないように」と気を配りながら妊婦生活を送っていました。また、赤ちゃんが生まれたらしばらくゆっくりと上の子との時間を過ごせなくなるので、産まれてくるまでの間に思う存分上の子との時間を過ごそうと思い日々を過ごしていました。

旦那もその気持ちに同感してくれて、残りわずかな家族3人の時間を存分に楽しめるようにと思ってくれていたと思います。が、その結果、旦那のことにはあまり目を向けてあげられていなかったように思います。

私は中国に住んでいるので、出産のために妊娠8ヶ月から産後3ヶ月までの約半年間を日本に滞在していました。その間、旦那は中国で一人で生活していたのですが、私は自分のことと子供のことで精一杯でゆっくり旦那との時間を過ごせていませんでした。

だからと言って、旦那が浮気をした…とかそういうことはありませんが(笑)、その間に旦那はストレスで激太りをしてしまったのです。出産後、日本に駆けつけた旦那はパンパンでした(笑)。

実際に私や子供が家に一緒にいるときには、家事や育児を手伝わされて大変で、私たちが日本に帰国してからの数日間は羽をのばせる、という感じもあったようです。しかし何日か経ってくると寂しくなってきたようです。

妻や子供の顔を見るから仕事でストレスを感じてもまた頑張ろうと思えるのでしょうね。その顔が見えないと何のために仕事を頑張っているのか分からなくなってしまうようです。

女の人は実際にお腹の中で赤ちゃんの命を感じ、毎日変化を感じながら妊娠、出産を過ごしますが、男の人は実際の変化がないので女性と同じような気持ちになるのは難しいことなのだと思います。

だからと言ってあまり手がかかりすぎるのでは困りますが、私のようなほったらかしすぎには注意をしてくださいね(笑)。

はなオンマさん

年齢:30代/中国北京在住/中国在住9年目、夫は韓国人で2人の子供の育児中。もはや自分が何人か分からなくなってきている今日この頃。楽しくなれる記事を書いていきたいです。
第一子 女の子 出産時の年齢25歳
第二子 男の子 出産時の年齢30歳
はなオンマさんの記事一覧