妊娠・出産・育児の体験記 ママデータ HOME > オッチマーさん > マタニティ専用の下着について

マタニティ専用の下着について

このエントリーをはてなブックマークに追加

マタニティ服を買おうかどうか悩んで、次に悩むのが、下着についてではないでしょうか。

妊娠初期は、まだ体型に変化がないため、通常どおりの下着を身に着けていても、違和感も何も感じることはないでしょう。しかし、やはりマタニティ下着というものは、妊婦にやさしく作られているものです。一度、マタニティ下着を身につけたら、そのラクさに驚かれるのではないでしょうか。

まず、マタニティショーツについてですが、これは臨月の大きなおなかになっても、ウエストまでを優しく包み込むように作られています。かといって、妊娠初期から使用したとしても、ブカブカというわけではありません。やはり、おへその位置までを優しくカバーしてくれて、履き心地は最高ですよ。ただ、やはり見た目がいわゆる「デカパン」状態なので、敬遠する方も多いかとは思います。しかし、お腹が大きくなってくると、やはり今までどおりの下着というわけにはいきません。遅かれ早かれ、マタニティショーツは、妊婦さんの誰もが愛用することになるものでしょう。妊婦帯の機能の付いたマタニティショーツもありますよ。

もうひとつは、マタニティブラジャーです。これには種類が3種類ほどあり、ハーフトップ、ノンワイヤーブラジャー、ワイヤー入りブラジャーに分けられます。私のオススメは、ハーフトップか、ノンワイヤーブラジャーです。妊娠する前は、ブラジャーの役目とは、「寄せて、あげる」がメインではないかと思います。とにかく、胸の形や大きさを矯正するものとして、ブラジャーの役割があるわけです。しかし、妊娠すると、ブラジャーの役割は変わります。いかに圧迫せず、母乳の作られやすい乳房にするか。そこに照準があてられることになります。

やはり、ワイヤーなどで胸の形を矯正したり、ぎゅうぎゅうに締め付けたりすると、乳腺の発達を妨げます。その結果、母乳の出にくい乳房になってしまう可能性があるのです。そのため、産院や助産院では、助産師さんから、ハーフトップやノンワイヤーブラジャーの着用を勧められます。一番楽なのは、ハーフトップですね。妊娠して大きくなった乳房を支えつつ、締め付けないので、自然に胸を揺らすことにつながります。その結果、乳腺の発達を助け、母乳の出る乳房になることができるのです。(もちろん、母乳量については個人差があるのですが)

最近では、見た目を気にして、無理やり従来通りのブラジャーやショーツをつけようとする人もいますが、妊娠中は、まず赤ちゃんのことを考えてあげたいものです。特に、完全母乳で育てたいと考えている妊婦さんは、必ずマタニティブラジャーを選んで身に着けるようにしましょう。妊娠初期から使用することをオススメいたします。

オッチマーさん

年齢:30代/兵庫県在住/フリーター、法律事務所職員、幼稚園教諭を経験後、現在は主婦&もうすぐ3歳児のママを頑張り中。楽しいことが大好き、家族でおでかけが大好きです♪
第一子:男の子 出産時の年齢33歳
第二子:女の子 出産時の年齢37歳
オッチマーさんの記事一覧