妊娠・出産・育児の体験記 ママデータ HOME > オッチマーさん > 母乳育児とは

母乳育児とは

このエントリーをはてなブックマークに追加

お腹に赤ちゃんを宿したら、出産後のことをいろいろ考えてしまいますよね。一番気になることと言えば、やはり、赤ちゃんに対して母乳をあげるか、ミルクをあげるか、ということではないでしょうか。

妊娠して、赤ちゃんや出産のことについて調べていると、必ず「母乳は赤ちゃんにとって最高のものである」という言葉を目にすると思います。実際、母乳はやはり、赤ちゃんにとってパーフェクトな栄養源であると思われます。もちろん、現代のミルクもかなり研究が重ねられて、限りなく母乳に近いものとなっていますが、決定的に違う点を挙げれば、「母乳には免疫力が含まれる」という点でしょうか。特に、出産後すぐに赤ちゃんに与える母乳……つまり「初乳」には、非常に多くの免疫要素が含まれているそうです。母体からの、赤ちゃんに対するプレゼントとでもいいましょうか。初乳を飲んだ赤ちゃんは、病気に対する抵抗力をつけることができるのです。

私も第1子を妊娠しているとき、できることならば完全母乳で育てたいと考えていました。完全母乳育児の良い点は、先ほども挙げたように、母乳が赤ちゃんにとって最高の栄養源であること、そして、哺乳瓶やその消毒剤、粉ミルクなどを必要としないので、出かけるときに荷物が少なくなるし、経済的にも助かるということが大きな利点です。

しかし、完全母乳で育てたいのであれば、妊娠中からの乳房のケアが非常に重要です。私はその頃、こういった知識があまりありませんでした。ですから、母乳育児に向けての準備を、何もしなかったのです。結果として(それだけが原因とは言えないかもしれませんが)、完全母乳育児をすることはできず、混合栄養で赤ちゃんを育てることになりました。

ですから、妊娠中から母乳育児を目指している方は、まず、母乳育児の準備をしていくことに主眼をおいてください。具体的には、乳房のマッサージ、乳首の鍛錬、保湿です。これらについては、また別の記事で述べたいと思います。

オッチマーさん

年齢:30代/兵庫県在住/フリーター、法律事務所職員、幼稚園教諭を経験後、現在は主婦&もうすぐ3歳児のママを頑張り中。楽しいことが大好き、家族でおでかけが大好きです♪
第一子:男の子 出産時の年齢33歳
第二子:女の子 出産時の年齢37歳
オッチマーさんの記事一覧