妊娠・出産・育児の体験記 ママデータ HOME > ビッキーさん > 赤ちゃんの予防接種

赤ちゃんの予防接種

このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃんは予防接種をたくさん受けなければなりません。一つは「定期接種」といって一定の月齢、年齢になったら受けることが望ましいと法律で定められているものがあります。もう一つは「任意接種」でこれは保護者の任意で受けるか受けないかを判断して良い予防接種のことです。

・定期接種
定期予防接種にはBCG、三種混合、麻しん風しん、ポリオ、日本脳炎などがあります。どれも接種に望ましい時期が定められているのでできるだけその間に受けた方が良いです。三種混合やBCGを最初に受ける赤ちゃんが多いと思います。定期予防接種の問診票は多くの場合自治体から冊子になったものが配られます。わが家の場合は息子が生後2ヶ月のときに「2ヶ月児訪問」といって地域の助産師さんが家に来て育児相談や発育チェックをしてくれたときにもらいました。

・任意接種
任意接種の代表的なものは、おたふくかぜ、水ぼうそう、肺炎球菌、ヒブワクチンなどです。任意接種ですので料金は自己負担になります。自治体によっては肺炎球菌、ヒブワクチンは補助金が支給されるところもあります。

赤ちゃんの予防接種は数が多い上に一定の間隔を空けなければならないものが多いので、上手くスケジュールを組むことが必要になってきます。とはいっても赤ちゃんも風邪をひいたりして接種予定の日に受けられないこともあります。そういうこともあるので予定よりもスケジュールが延びてしうこともありますが、体調が優れないときは無理して受けない方が良いです。予防接種を受けた後はできるだけ安静にすることです。ワクチンを打つのはその病気に軽くかかるようなものなので、場合によっては副反応が出ることもあります。副反応に多いのは発熱で接種した日や翌日に熱が出ることがあるようです。副反応が出る確率は低いようですが、予防接種を受けた日は人ごみに行ったり激しい運動をさせることは避けた方が良いでしょう。

赤ちゃんを病気から守るのが予防接種ですので、正しく受けさせてあげたいですね。

ビッキーさん

年齢:20代/千葉県在住/細かいことは気にしない大雑把ママ。子供の伸びる力を信じて身守る母でありたいと思っています。ママ業のみならず、仕事、演劇鑑賞を楽しんでいます。時にはお祭りに参加することも。
第一子:男の子 出産時の年齢28歳
ビッキーさんの記事一覧