妊娠・出産・育児の体験記 ママデータ HOME > ビッキーさん > 初めての病気

初めての病気

このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃんは生後6ヶ月頃まではお母さんからもらった免疫があると言われています。そのため低月齢で高熱が出たり重病にかかることは少ないです。しかし6ヶ月を過ぎると受け継いだ免疫力が切れ始めるので病気に感染しやすくなってきます。

我が息子の場合は6ヶ月の頃初めて熱を出しました。高熱ではなく37℃台後半でしたが鼻水と咳も出ていたので小児科に連れて行きました。診察してもらうと風邪ということで薬をもらいました。子供は熱に強く高熱があっても割と元気にしているものです。でもだからといって外出したり他の子と遊ばせたりしてはいけません。平熱に下がるまでは家で安静に過ごすことが早く治るための一番の方法です。息子が初めて風邪をひいたときは完全に治るまで心配でした。「風邪は万病のもと」と言うので大きな病気の前触れということもありえます。幸い3日ほどで熱が下がりその後は鼻水がしばらく続きましたが元気になりました。

子供が病気のときは熱はいつから、どのくらいまで上がったか、顔色はどうか、食欲はどうか、水分が取れているか、どんな症状が出ているかをよく観察しておく必要があると思います。病院でできるだけ具体的に症状を伝えられればお医者さんも的確な診断ができるので、結果的に早く治るということに繋がります。よく言われることですが、高熱でも水分が取れていれば慌てることはありません。逆に熱はそれほど高くなくてもぐったりしていて水分も取れなかったり、顔色が悪いときはすぐに病院に連れて行った方が良いと思います。掛かりつけの病院は2つ決めておいた方が良いです。1つが休診のときにもう1つに連れて行くことができます。ですので、掛かりつけの2つは休診日が違うところを選ぶと良いでしょう。

もし夜間に病院に連れて行かなければならないときは自治体のホームページに夜間当番医が載っているのでそれを見ると良いです。また、病院に行くか判断に迷うときは「夜間小児救急ダイヤル」という全国どこからでもかけられる番号があるのでそこにかけて指示を受けるのも良いでしょう。初めての病気で子供が高熱を出したりぐったりしていると慌ててしまうと思いますが、落ち着いて子供の状態をしっかり見ることが大切です。

赤ちゃんは病気にかかることで免疫を獲得し強くなっていきます。病気を恐れず上手に対処していきたいですね。

ビッキーさん

年齢:20代/千葉県在住/細かいことは気にしない大雑把ママ。子供の伸びる力を信じて身守る母でありたいと思っています。ママ業のみならず、仕事、演劇鑑賞を楽しんでいます。時にはお祭りに参加することも。
第一子:男の子 出産時の年齢28歳
ビッキーさんの記事一覧