妊娠・出産・育児の体験記 ママデータ HOME > ビッキーさん > 児童館デビュー

児童館デビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃんの動きが活発になってくると家の中では飽き足らなくなってきてしまいます。そういうときには自宅から近い児童館を利用しましょう。児童館は自治体が運営するもので、乳幼児と保護者が無料で利用できる施設です。自治体の規模により児童館の数は様々ですが、最低1つはあると思います。

児童館はほとんどの場合、平日と土曜日に終日開放されています。入口で自分と子供の名前や連絡先を書いたら、シールに子供の名前を書いて目立つところに貼り中に入ります。中には遊具やおもちゃがあり自由に子供を遊ばせることができます。児童館によっては0歳児と1歳以上の子供とのスペースを分けているところもありますので、まだ歩くことができない赤ちゃんも安心して遊ばせることができます。児童館では職員の方たちが絵本の読み聞かせをしてくれたり、子供たちと体操や手遊びをしたりする時間もあります。その時間は他の子供やママさんたちと触れ合うこともできるのでママ自身も気分転換になると思います。

さらに日替わりでイベントがあったりして、親子での工作の時間や夏場は水遊びをさせてくれる児童館もあります。私の自宅の最寄りにある児童館ではママ向けにヨガ体験や救命救急講座も定期的に開かれていて、その間は児童館の職員やボランティアスタッフの人たちが子供を預かってくれます。そうした機会があるとママもリフレッシュできてとても良いですね。

私の場合、息子が生後3ヶ月のときに児童館デビューをしました。近所に息子と年の近い子供がいるので、そのママさんが誘ってくれたので一緒に行きました。3ヶ月だとまだ動かないので児童館を利用するにはちょっと早いかなと思いましたが、6ヶ月を過ぎて動きが活発になってくると頻繁に利用するようになりました。児童館で同い年の子供を持つママさんがいるとお互い話をするようになり、そこからだんだん仲良くなっていきました。そのお友達とは今でも交流があります。

それから時々児童館で育児相談をしたり、職員の方との雑談で子育ての悩みなどを話してアドバイスを頂いたりもしました。児童館は子供を遊ばせるだけでなく、ママにとって貴重な情報を得る場所でもあると思います。

また児童館では飲食スペースがあり冷蔵庫や電子レンジを置いてあるところもありますのでお弁当やおやつ持参で行くのも良いと思います。

真夏、真冬は外を散歩するのもなかなか大変なので児童館を活用することをお勧めします。

ビッキーさん

年齢:20代/千葉県在住/細かいことは気にしない大雑把ママ。子供の伸びる力を信じて身守る母でありたいと思っています。ママ業のみならず、仕事、演劇鑑賞を楽しんでいます。時にはお祭りに参加することも。
第一子:男の子 出産時の年齢28歳
ビッキーさんの記事一覧