妊娠・出産・育児の体験記 ママデータ HOME > ビッキーさん > ママだっておしゃれしたい「おしゃれな授乳服」

ママだっておしゃれしたい「おしゃれな授乳服」

このエントリーをはてなブックマークに追加
授乳服

授乳服

赤ちゃんへの授乳は1日数回あります。家の中で過ごすだけなら授乳しやすい服を着ていれば良いのですが、外出するときにはそれなりの服を着なければなりませんし、おしゃれだってしたいですよね。赤ちゃんが産まれて3ヶ月頃までは買い物以外の外出もままらないくらい忙しいですが、たまにはママだってお出かけして気分転換したいときもあります。そういうときに重宝するのが授乳服です。最近は機能性だけでなくおしゃれな授乳服が増えてきているのです。

授乳しやすい服といえば、前あきのボタンが付いているものです。でも最近の授乳服は前あきではなくてもちゃんと授乳ができるように作られているものがたくさんあります。仕組みを簡単に説明すると、身ごろ部分に胸の部分の布の一部がボタンで留められるようになっているため、胸部分のボタンを取るとすぐに授乳ができるようになっています。しかも胸部分の布を引き出すとちょうど赤ちゃんの頭にかかるようになるので隠すこともできるという訳です。ただ、デザインによっては布の幅が小さいものもあるので、授乳の際は授乳室かケープを使うなどした方が良いものもあります。この仕組みの授乳服であれば装飾や素材も様々なので服の種類も豊富です。そうなるとコーディネートできる服が増えるのでおしゃれを十分楽しむことができます。

私はお宮参りのときに着るためのセミフォーマルなタイプの授乳服が初めて使った授乳服でした。見た目には全く授乳服のようには見えません。シンプルなデザインで色も他の服と合わせやすい物を選んだので、授乳をとっくに終えた今でも時々使っています。それからトレーナーも買いました。これも授乳服には見えないので普段使いでもOKです。息子が卒乳するまでしょっちゅう着ていました。

女性は綺麗な服を着たりやメイクをしたりするだけで気分がぐんと上がるものですよね。忙しいママたちもおしゃれをすれば気持ちが明るくなるもの。授乳服を上手く利用して赤ちゃんとの時間もおしゃれも楽しみたいですね。

ビッキーさん

年齢:20代/千葉県在住/細かいことは気にしない大雑把ママ。子供の伸びる力を信じて身守る母でありたいと思っています。ママ業のみならず、仕事、演劇鑑賞を楽しんでいます。時にはお祭りに参加することも。
第一子:男の子 出産時の年齢28歳
ビッキーさんの記事一覧