妊娠・出産・育児の体験記 ママデータ HOME > ビッキーさん > 妊活は頑張るべからず

妊活は頑張るべからず

このエントリーをはてなブックマークに追加

「妊活」スタート
私は結婚したらできるだけ早く子供が欲しいと思っていました。結婚した年齢が27歳。体力的に考えて30歳までには出産しておきたいという思いもありました。そのためいわゆる「妊活」を結婚してすぐ始めました。具体的にどのようなことをしたかというと、まず基礎体温計を買って毎日基礎体温を付けるようなりました。

私は元々生理周期が不規則だったので基礎体温を付けることによって自分の生理周期を把握することに役立ちました。生理が規則的な方なら必要ないかもしれませんが、女性の体は低温期、高温期によって体質が変わったりPMS(月経前症候群)の予防をすることもできるのでおすすめです。それ以外には「妊活」といってもこれといったことはしませんでした。早く妊娠したいという思いが強くなったときほど、妊娠していなかったと分かったときの落胆も大きく気持ちの切り替えができないこともありました。

頑張って授かれるものではない
よく言われることですが、子供は授かりものです。自分たちがいくら頑張ってもどうしようもないことです。それは分かっているつもりでもなかなか妊娠できないと焦ったり不安になったりすることもあると思います。

私もそういう時期がありましたが、そうして頑張っていると自分が疲れてしまいどうでもよくなれ!という気持ちになりました。でも不思議なことに「どうにかなるか」と開き直ったとたんに妊娠したのです。赤ちゃんてリラックスしているお母さんが好きだからなのでしょうか?以前どこかで聞いたことがありますが「赤ちゃんは夫婦にとってベストなタイミングを選んでやってくる」ということ。それぞれの夫婦にとって一番良い時期に授かることができるのかもしれません。私が妊娠したのは結婚して6ヶ月経った頃だったので、割と早く妊娠することができたと思います。

「妊活」という言葉が出てきて、妊娠するために体の調子を整えたりタイミングをはかったりするための情報がたくさんあります。確かにそれらは妊娠準備のために必要ですし、自分の体質によっては努力しなければならないこともあるかもしれません。ただ、妊娠しようと頑張りすぎることは逆に自分を追い詰めて気持ちに余裕がなくなってしまうかもしれません。おおらかな気持ちで日々を大切に過ごすことが妊娠するには一番良いと言えるのではないでしょうか。

ビッキーさん

年齢:20代/千葉県在住/細かいことは気にしない大雑把ママ。子供の伸びる力を信じて身守る母でありたいと思っています。ママ業のみならず、仕事、演劇鑑賞を楽しんでいます。時にはお祭りに参加することも。
第一子:男の子 出産時の年齢28歳
ビッキーさんの記事一覧