妊娠・出産・育児の体験記 ママデータ HOME > 出産体験記 26歳 YUMIKOさん > 個人病院での出来事

個人病院での出来事

このエントリーをはてなブックマークに追加

二人目の妊娠で個人病院にかかった際におかしな体験をしたので、体験談をお話したいと思います。

ずっと体調がおかしかったので、妊娠検査薬を試してみたところ陽性反応がでました。できるだけ早めに病院にかかりたかったので、自宅からすぐ近くの個人病院を受診しました。「まず初めに内診をしましょう」と医師に言われ内診台にあがって待っていたところに、院内の電話が鳴り、看護婦さんが「先生、産まれます」と、医師を呼びに来ました。私が何か言う間もなく、医師は「ちょっと産まれそうだから、このまま待ってて」と言い、そのままいなくなってしまったのです。

そこの病院は、検診から出産まで医師一人で行っていたために、出産が入ると検診を中断して出産を優先するようでした。私は自分で降りるのも無理な体勢だったので、看護婦さんがくるのを待ったのですが、看護婦さんも皆ではらってしまうので、内診台にあがって足を広げたまま、結局20分近く待たされました。やっと戻ってきた医師は「あ、ごめんね〜降ろしてあげればよかったね」と言って、そのまま簡単な内診をすませ、診察を終えました。もう少しで足をつるかと思いました。

色々な人の体験談を聞きますが、中々こういった経験をした人はいないので、この体験談を話すと驚かれます。ここの病院では、産まれそうな人が入ってくると待合室でため息がこぼれるそうです。自分がこれから産むぞというときに、ため息をつかれたら嫌ですよね。

YUMIKOさん

年齢:30代/二児の母。出産時の年齢26歳
YUMIKOさんの記事一覧