妊娠・出産・育児の体験記 ママデータ HOME > 出産体験記 26歳 YUMIKOさん > 出産後の処置について

出産後の処置について

このエントリーをはてなブックマークに追加

出産の体験談はけっこう雑誌などで見たりテレビなどでも聞いたりしますが、出産後の処置の体験談ってあまりないですよね。出産後の私の体験談をお話したいと思います。

赤ちゃんが出てくると、まずへその緒を切りますよね。長男を出産した病院では、父親にへその緒を切る役割をさせてくれたので、主人がへその緒を恐る恐る切りました。その後、カンガルーケアといって、生まれたばかりの赤ちゃんをお母さんの体にくっつけておっぱいを吸わせます。我が家の長男も次男もしっかりと吸い付きましたが、長男の方が吸い付く力は強く感じ、次男の方が飲み方が上手でした。その後、赤ちゃんはタオルにくるまれて、体をふいたり体重や身長をはかるために連れて行かれます。これには主人が付き添っていきました。赤ちゃんがいない間に、今度は私の処置がはじまりました。出産でハサミを使わなかったので、傷も浅く縫わずにすみました。「これから胎盤をだしますよ」と医師に言われた時にはちょっと驚きました。胎盤は出産と同時に出てくるものだと思っていたのです。赤ちゃんが出てきた時と同じような感覚で胎盤がでてきて、「これが胎盤ですよ。ここが赤ちゃんのへその緒がくっついていた場所です。」と説明をしてもらい、「すごいですね」と感動しました。へその緒も見せてもらいましたが、すごく長くて触るととても硬くてコリコリしていました。「赤ちゃんの為に胎盤やへその緒がしっかりと作られるだなんて、すごいな〜」とまたもや感動しました。

YUMIKOさん

年齢:30代/二児の母。出産時の年齢26歳
YUMIKOさんの記事一覧